Spartan Diary

アメリカはMichigan State Universityに留学している、学部2年生のゆるい日記です。

寒い!

今日は2018年11月13日です。

 

タイトルの通り、ミシガン州は寒い!今この記事を書いている時間が、午後の10時なのですが、外の気温は-4度。寒い。そして、昨日から雪も降り始めました。

 

外に出かけるときは、厚手のコートを着て、手袋をしないとそろそろ厳しいかなと感じるようになりました。また、ブーツもまだ持っていないので、早めに買わねばと思いつつ、Lazyが発動しております。極め付きは、道路が凍っていることです。キャンパスがとても広いので、移動手段としては、バスか徒歩があります。しかし、バスはon time に来ないことが結構あるので、あまり頼りにしていませんw

 

そこで、徒歩を主に使うのですが、なんせ、クラスに行くまでが遠すぎる。そしてその道のりが結構凍っていたりする。そうすると歩くのがとても危ないし、歩く時間もかなりかかります。加えて外は寒い。登下校が本当に地獄になりそうです。

 

ミシガンがこんだけ寒いんだから、北の国々はもっと大変やろうなと思って調べてみたところ、

ノルウェーオスロ5度。Σ(・ω・ノ)ノ!

カナダのバンクーバー8度 Σ( ̄□ ̄|||)

 

もちろん、カナダの他のprovinceはもっと寒い所がありますが、自分が寒いって思っていたこれらの地域より寒いとなんだか数値以上に寒さを感じます。

 

ところで、日本と違ってほとんど風はふきません。ですので実際の温度より寒く感じるということは今のところありません。むしろ、えっ、これでマイナスなのッて思う程度です。

 

こんななめくさっていると、ミシガンの寒さにやられてしまいそうなのでぼちぼち気を付けます。

ボストンキャリアフォーラムを通して感じたこと その2

前回の続きを書いていきたいと思います。

 

mori4489.hatenablog.com

 

1つ目は、若手に活躍の場がある企業さん、2つ目は国際的な視点を持っている企業さん等いことでお話をしました。

 

3つ目は、すごく個人的なことになってしまいますが、「中立」の立場で仕事をしたいということです。もちろん日本は好きです。あんなに安全で住みやすくて、自分を成長させてくれた環境は今でも恋しくなる時はあります。しかし、日本の成長のためだけにというよりは、世界全体の成長に貢献したいなという漠然とした気持ちがあります。その背景には、きっと日本が安全、安心すぎるということがあると思います。ということは、反対に、他の国々の治安や、貧困など国際的な問題をあげればきりがありません。

こういった問題に取り組むためには、「日本の利益のために」というよりかは、「世界全体の利益のために」働きたいなという思いがどこかにあります。ですので、外務省さんや、日本の企業さんももちろん魅力的ですし、世界全体の利益のために動いてらっしゃる側面もありますが、もっとマクロ的な視点で世界を動かしたいなという印象を持ちました。

 

ほかにも、働き方改革ということで、いろいろな改革が進んでいると思います。例えば、ライフワークバランス、社会問題、LGBT、女性の活躍の場、育休など挙げれば相当な数になると思います。もちろんこういった環境のよい企業さんで働きたいという思いが強くあります。

ボストンキャリアフォーラムを通して感じたこと その1

11月の8日から11月の11日の4日間、ボストンキャリアフォーラムに参加してきました。自分はまだ2年生ということで、内定というレベルには達していませんが、会場の雰囲気を味わえただけでも収穫があったかなと思います。

 

具体的に今回思ったことをわすれないうちに書いていきたいと思います。

 

まず、将来働く場所で重視したいなと思ったことがいくつかあります。

1つ目は、若手の活躍の場があるということです。もちろん、若手のうちに地道に努力を積み重ねて、年齢を重ねてから大きなプロジェクトをやるというのももちろん素敵なことですし、合理的かなと思います。でも一方で最近では、若い社員の方にも機会を与えて、大きなプロジェクトを任せる企業さんが増えている印象を持ちます。自分は、なかなかこういった類のことをするのは苦手ですが、でも、若いうちから経験させていただけるのはとてもわくわくするし、なによりも経験したほうが個人的には体や頭の覚えが早いので、このような機会を提供してくださっている企業さんにはとても魅力を感じます。

 

2つ目は、国際的な視点を持っている企業さんです。最近はグローバルという言葉がどんどん使われるようになってきており、留学している身としても、その言葉はもろに胸にささります。なんで、国際的な視点で働きたいかなって思ったときに、やはりわくわくするというのがあるのかなと思いました。まだ知らないところで事業やプロジェクトをする。知らない外国の地で知らない人々と協力して、商品を開発する、土地開発をする。などなど。どれも新鮮で、日々成長できるような気がします。

 

 

ボストンキャリアフォーラム その6

今回は、ボストンキャリアフォーラムでの履歴書について書きたいと思います。

 

まず、自分は履歴書を書かずに行ってしまいました。というのも、2019年卒、2020年卒の採用が多いイメージだったので、履歴書はいらないと思っていました。しかし、実際にはインターン採用を行ってくださる企業さんもあるので、履歴書は持っていくことをお勧めします。

 

自分の失敗談をお伝えします。言い訳をすると、前日までテスト勉強がきつすぎて、正直キャリアフォーラムまで手が回りませんでした。これはキャパがないですね。個人的には勉強をいい程度に抑えて、ボストンキャリアフォーラムの準備に回すほど価値があると思います。

 

そんなこんなで、履歴書は行く前に作りませんでした。それで、ボストンキャリアフォーラムの初日に履歴書作業に追われていました。正直、ほかのボランティア団体に履歴書を送るために書いていたので、履歴書自体には時間がかかりませんでした。

 

問題は印刷です。日本ではコンビニに行けば、簡単に印刷できると思います。しかし、アメリカではコンビニ自体があまり多くないですし、そこで印刷できるというわけでもありません。どこにお願いしたかというとFedexにお願いしました。

www.fedex.com

 

しかしこれがまた問題でした。国際デビットカードが使えなかったのです。オンラインでオーダーをして、そこにクレジットカードの詳細を記入する欄があったのですが、認証されない!!困ってらいっぶチャットで相談して、特別な措置を取ってもらって、なんとかオーダーすることができました。

 

アメリカでは、自分のおうちや近所で印刷できる環境がある時は余裕もって印刷することをおすすめします。

 

ただこのボストンキャリアフォーラムにおいては、3階の展示場に、コピー機がたくさんありました。ですので、USBとかがあればそこで接続して印刷できると思います。

ボストンキャリアフォーラム その5

118日の木曜日から、1111日の日曜日にかけて、ボストンキャリアフォーラムに行ってきました。

その時の様子を何回かに分けて書きたいと思います。

 

今回は、ボストンキャリアフォーラムの具体的な行動日程について書きたいと思います。

1110日 土曜日

 

7:30-8:30

起床と準備

 

8:30-9:00

ウーバーで移動

 

9:00-18:00

今日は昨日の反省を生かしてかなりブースを周りました。具体的には、商社、銀行、コンサルタント、証券会社さんの説明会を聞きに行きました。いろいろな業界のいろいろな側面を知ることができてとても有意義な時間でした。そのことについては、また別の記事に書きたいと思うので、そちらを参照してください。

 

18:00-20:00

ボストンキャリアフォーラムがひと段落して、少し観光しに行きました。自分は小さい頃から野球が好きだったので、野球場は行っておきたいなと思いっていました。ボストンは昔松坂大輔投手や田沢投手がいたところになります。もちろんオフシーズンでしたが、レッドソックスワールドシリーズ決めているので、とても盛り上がっていました。お土産も少し買いました。

 

20:00-22:00

帰ってきてひと段落しています。

 

 

1111日 日曜日

今日はポッキーの日ですね。今日は、観光とテスト勉強をしようかなと思います。

ボストンキャリアフォーラム その4

118日の木曜日から、1111日の日曜日にかけて、ボストンキャリアフォーラムに行ってきました。

その時の様子を何回かに分けて書きたいと思います。

 

今回は、ボストンキャリアフォーラムの具体的な行動日程について書きたいと思います。

119日金曜日

この日は本当に後悔しています。というのも、具体的に行動予定を立てていなかったので、午前中少し無駄にしてしまったと思っているからです。

7:30-8:30

宿に泊まっている先輩たちと朝ごはん食べに行きました。

 

8:30:12:00

履歴書を書き終わっている方々はもうボストンキャリアフォーラムに向けて出発していきました。

しかし、自分は履歴書を作っていなかったので、この時間に履歴書づくりに追われていました。本当にこの時間がもったいなかったなって思います。そして、その時履歴書を書くのと、印刷するのがすごく大変だったので、その時の様子も記事にしたいと思います。

 

12:00-17:00

ボスキャリに行っていました。しかし、全然企業の下調べができていなかったので、どこに行っていいか正直分からず、適当にセミナーとブースを行ったり来たりしていました。しかしこの時間のセミナーやブースの時間は割と有意義でした。知らない業界について知れたり、逆に知っている業界について新たな面について知ったりすることができました。

 

17:00-20:00

日本の大学の寮で一緒で、そして同じタイミングでアメリカに中学に来た友達とご飯を食べました。そして、夜ご飯では、ラーメンを食べました!ラーメン!アメリカに来て初めてラーメンを食べました。ボスキャリが近くで開催されているだけあって、たくさんの日本人がいました。その影響で40分位並びました。外が寒すぎて死にそうでしたが、ラーメンのためならと友達と話し合っていました。この2人は大学の寮でとても尊敬できる先輩と同期で、このタイミングで会えてたくさんの刺激をもらえました。

 

20:00-21:00

帰宅。

 

21:00-22:00

テストお勉強。

 

22:00-25:00

トビタテで借りて8人でシェアをしているとお話ししました。こういう機会はなかなかないので、お話をしていました。たくさんのバックグラウンドを持っている方々がアメリカ、ヨーロッパから集まる機会はなかなかありません。すごく貴重な時間でした。

 

25:00-

おやすみ。

 

ボストンキャリアフォーラム その3

118日の木曜日から、1111日の日曜日にかけて、ボストンキャリアフォーラムに行ってきました。

その時の様子を何回かに分けて書きたいと思います。

 

今回は、ボストンキャリアフォーラムの具体的な行動日程について書きたいと思います。

118日木曜日

17:029-19:30

学校のあるミシガン州立大学からデトロイトにバスで向かいました。

 

19:30-22:00

この時間は暇だったので、夜ご飯と、予定を立てたりしていました。1個前のフライトがあったので、そっちのフライトでもよかったかなと思いました。

 

22:25-23:50

デトロイトからボストンへのフライト。夜の便だから少ないかなと思ったのですが、満員でした。とくに日本人が結構いました。あっ、ボスキャリに行くのかと思いながら見ていました。

 

24:20-24:50

ボストンの空港から宿に向かってウーバーを呼びました。それで宿についた!と思ったら、 なんもない所に降ろされてしまいました。どうやら、宿の場所を間違えてウーバーに打ち込んでしまったみたいです。ですので、全然わからないチャイナタウンにつきました。本当に怖かったです、でもこれは今だから言えることですが、正直、本当に危ないので、みなさんは気を付けてください。自分は降ろされたところが、チャイナタウンだったので、コミュニティのなかだったので、比較的良かったのかなと思うのですが、本当に危ない所に降ろされたら危険だと思うので、旅行する時は事前に用意していくことをお勧めします。

 

24:50-25:10

間違えてしまった場所から、新しい場所に向けてウーバーを使いました、少しもったいないなと思ったけど、安全第一だと思ったので、ウーバー使いました。そして無事宿について、1日目は終了です。

 

1日目の統括としては、事前に準備すべし、そして安全第一、そして時間にゆとりをもってです。木曜日内にボストンに入ることは大前提として、できれば夜ではなく昼間に入れるように工夫することが必要だなと思いました。